能の本2

能の本2

 

(辰巳満次郎・監修、村上ナッツ・文、つだゆみ・マンガ、
西日本出版社刊、1,600円+税、四六判並製)です。

前作『能の本』が、能に関する本としては異例のヒットになったので
めでたく第2弾の発売が決まりました。

私は今回、編集に加えてDTPも担当しました。
1年間ものすごい労力を注いで、やっと仕上がった本。
なんとか無事に発行できて、とにかくホッとしています。

 

【カバー】

能の本2 能の本2

今回も装丁デザインは鷺草デザインさんです。
シリーズなので前作を踏襲したデザインですが、
ベースは明るい若草色になりました。
用紙も前作と同じ、コートにマットPP。汚れが目立たなくていいですね。

表紙イラストは『紅葉狩』に登場する上臈たちがずらっと並ぶシーンになりました。

ちょっと怖い…?いえ、壮観です。

 

【カバーそで】

能の本2

 

カバー袖には監修の辰巳満次郎さんのプロフィールです。

見返し用紙は表紙の塚の色にあわせた「なすび色」です。

 

【本文】

能の本2

定番の人気曲から、演じられるのが稀な曲まで、全15曲を掲載。

前作が「あれも、これも」と詰め込んだらボリュームがありすぎて、
本が分厚くなりすぎて正直持ちづらかった(笑)という反省を生かし、
ちょっと少なくしました。

おかげでぺージ数的にはちょうどいい分厚さになったのではないかと。

 

それぞれの曲ごとに
◎「基本情報」

◎特に印象に残る箇所をピックアップした「そそる台詞」

◎お話の全体像をつかむのにもってこいの「マンガ」

◎これを読むだけで、背景やストーリー、登場人物の感情の機微まで
しっかり頭に入る小説風の「ものがたり」

◎辰巳満次郎さんがこっそり教える、演者ならではの「ここが面白い」

で構成されている、懇切丁寧な本です。

これを読んでから舞台を見に行けば、びっくりするほど話の内容がわかること請け合い。
「あらすじ」だけではわからなかったことが、じつはたくさんあったんです!

 

能の本2

「ここが面白い」は前作では「もうちょっと読みたい!」と
感じていたので、少し長めに書いていただきました。

 

能の本2

私のイチオシは「能の型」ぺージです。

全曲に入っているわけではなく、ランダムに6ぺージあります。
その曲独特の型などを、辰巳満次郎さんに指導してもらいました。

このコマ送り的な「石橋(しゃっきょう)」の型が面白いです!

 

能の本2

満次郎コラムもちゃんとありますよ〜。

 

能を一度観に行ってみたいけど、全然わからないかも…と不安に思っている方に
ぜひおすすめします。

能のお話って想像以上にドラマティックですよ!

 

Amazonで見てみる>>>