あげはくんとしらさぎさん とくべつなさくら

あげはくんとしらさぎさん_表紙

あげはくんとしらさぎさん_表紙

(絵本)
文 みんつ
絵 やなみ
監修 熊谷 哲(くまがい・てつ)
定価1,650円(本体価格1,500円+税)
発行:金木犀舎
ISBN 978-4-909095-22-0 C8793
B5変形判 、32ページ、2022年4月27日発売

※電子書籍版、英語版電子書籍もございます。

電子書籍版:あげはくんとしらさぎさん とくべつなさくら【電子書籍版】

英語版電子書籍:A swallowtail and an egret, The special cherry blossom【e-book】


●書籍紹介

ともだちが教えてくれた花のみつは特別おいしい!

小学校で子どもたちに「きれいだね」「いい子だね」と褒められて育ったため、
自己肯定感高めのジャコウアゲハ・あげはくんと、
やさしくてのんびりやさんのシラサギ(コサギ)・しらさぎさん。

たまたま出会ったふたりは、あげはくんの希望でおいしい花のみつを探す旅にでかけます。

ツツジのみつ、タンポポのみつ、そして最後は、ひらひらのドレスみたいに美しい、
しらさぎさんが教えてくれた「とくべつなさくら」のみつでした。


●本文イメージ

本文イメージ

 

本文イメージ


●著者プロフィール

文 みんつ
みんなでつくる絵本の会(通称:みんつ)。
兵庫県姫路市を拠点に、絵本好きのメンバーがオフラインとオンラインで集まって、絵本について学び、熱く語っている。
絵本作家、大学教授、元幼稚園の先生、塾の先生、イラストレーター、読み聞かせを長年続けている主婦や主夫、シンガーソングライター、出版社等、経験豊かなメンバーで構成されている。参加メンバーは常時募集中。
『あげはくんとしらさぎさん とくべつなさくら』はみんつで初めて手掛けた絵本。

 

絵 やなみ

兵庫県姫路市出身、京都府宇治市在住のイラストレーター。姫路が大好きで、姫路城の写生大会、書写山円教寺での林間学校、愛城会でのお城周りの掃除など……思い出いっぱいの姫路を自身のイラストで盛り上げたいと考え、「姫路イラストマップ」を自主制作・配布している。

 

監修 熊谷 哲(くまがい・てつ)
NPO法人はりま里山研究所理事長、兵庫県立大学名誉教授、公益財団法人日本花の会理事、理学博士。
兵庫県姫路市で自宅裏手の里山を再生させて、子どもの遊び場や地域の人の憩いの場として活用できるよう整備。「里山ガーデン」として広く一般に公開している。


●制作経緯

この絵本は、兵庫県姫路市でたった1本だけ見つかった希少な変異種「手柄ザクラ」が、2021年5月に「公益財団法人 日本花の会」から新品種に認定されたことを記念して制作しました。

手柄ザクラは、桜の名所でもある手柄山で、ほかの桜が散ってしまったあとに満開を迎える、遅咲きのカスミザクラの変異種です。10枚の花弁が二重咲になってボリューム感があり、花つきもよく、1本だけで美しく咲くその姿から、『あげはくんとしらさぎさん』の物語が生まれました。

文章は、姫路市を拠点に絵本に造詣の深い方々が集まって開催している「みんなでつくる絵本の会」が、絵は姫路市出身の作家・やなみが担当。
監修は自然や生物に関する講演を多数おこなっている熊谷哲氏(兵庫県立大学名誉教授)にお願いしました。

たくさんの人がかかわって、兵庫県姫路市から力強く発信する絵本です!


 

あげはくんとしらさぎさん_表紙

あげはくんとしらさぎさん_裏表紙

金木犀舎ブックストアおよび、全国の書店、ネット書店でご購入いただけます!

 


金木犀舎ブックストアでご購入いただくと、金木犀舎メモ帳をもれなくプレゼントします!
(1200円以上のご購入で送料無料です)

金木犀舎メモ帳

 


●メディア掲載情報

<2022年5月10日>

5月10日の朝日新聞 朝刊(兵庫版)地域欄にて、『あげはくんとしらさぎさん とくべつなさくら』が大きく紹介されました!

著者のみんつ(みんなでつくる絵本の会)や、その活動についても詳しく書いていただいております。

2022年5月10日朝日新聞

5月10日朝日新聞『あげはくんとしらさぎさん』紹介記事

 


●活動情報

<2022年4月28日>

姫路市・清元市長と弊社代表の写真

4月27日に、みんつ(みんなでつくる絵本の会)のメンバー数名と金木犀舎代表の浦谷で
兵庫県姫路市の清元市長を表敬訪問し、絵本『あげはくんとしらさぎさん とくべつなさくら』の発売のご報告をさせていただきました。

姫路市でたった1本だけ見つかった希少な変異種「手柄ザクラ」が、2021年5月に「公益財団法人 日本花の会」から新品種に認定されたことを記念して制作したこと、また、『あげはくんとしらさぎさん』の物語が生まれた経緯や、オールひめじで制作したことなどをお話ししました。

たくさんの子どもたちに読んでもらい、地域のことに興味を持つきっかけになったり、
本に親しみを感じる入り口になったりすることを願っています。

絵本の監修をしていただいた熊谷哲先生をはじめ、手柄地区で手柄ザクラを広める活動に尽力されている方々から
現状についてのお話もあり、にぎやかで和やかな場となりました。

姫路市・清元市長に絵本についてのご報告をする弊社代表

清元市長は大変親身に耳を傾けていただき、ありがたいお言葉もくださいました。

清元市長の後援会様のFacebookページを下記にシェアさせていただきます。