十二歳から四十七年間の人工透析 感謝の心を 生きる力に

『十二歳から四十七年間の人工透析 感謝の心を 生きる力に』表紙

『十二歳から四十七年間の人工透析 感謝の心を 生きる力に』表紙

著:小林延也

発行:金木犀舎
ISBN 978-4-909095-54-1 C0095
A5判・並製・288ページ
2024年5月30日発売
定価 1,650円(本体価格1,500円+税)

予約する

 


●書籍紹介

12歳ではじまった人工透析。腕から2本のチューブが飛び出ていた。

47年前、人工透析は手探りの治療だった。ましてや12歳の子どもへの人工透析は、まだまだ未知の領域だった。

透析患者の「生命の綱」だった「シャント(透析治療を行うために必要な血管)」を両腕や両脚に装着する手術を、小さな体で合計31回受け、体中がチューブだらけになった。
シャントは繰り返し閉塞し、何度も死にかけたが、奇跡的に命をつないできた。
病気との壮絶な闘いの47年間は、生きる意味を見つめ、「感謝できること」を探しながら生きる日々だった。

透析療法の進化の様子をたどるような47年の経験談と、家族を次々に襲う病、そして闘病しながらの両親の介護、さらにはがんの発症など、苦難と向き合いながらまっすぐに生きる著者の記録。


●本文イメージ

本文p.26-27

本文p.38-39

本文p.68-69

本文p.70-71

 


●もくじ

プロローグ  人は体で生きているのではない 人は心で生きている

 

第一章 十二歳、発症

慢性腎不全/人工透析導入/ICU(集中治療室)/七時間の透析治療/透析医療の発展/通院生活/宿命/金の切れ目が 命の切れ目/シャント・トラブル/脚の大腿部外シャント/食べられない/生きるための決断/理想の死を求めて/通信制高校入学/祖父の死/綱渡りの命/高校二年/高校三年/揺れた信頼/高校四年/高校卒業

 

第二章 管(チューブ)からの解放

人は心で生きている/解放/臓器移植について/七年ぶりの入浴/温泉/消えた頭蓋骨/普通自動車免許取得/明日に向かって/通信教育にて短大進学/心の揺れ/短大二年/短大卒業/腕の動脈直接穿刺/副甲状腺摘出手術(PTX)/内出血/更なる闘いの始まり/焦り/大震災/険しい道/与えられた時間/生かされる/別れ/夢のシャント/ダイアライザ(人工腎臓)変色/至適(適正)透析

 

第三章 家族を襲う病

父のガン/双子の弟が難病に/透析アミロイドーシス/病院閉鎖の危機/素晴らしい医師(一)/夢のシャント、閉塞/左上腕人工血管移植手術(グラフト手術)/大腸ガン告知/大腸ガン切除手術/想い/下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)/右鎖骨上窩のアミロイドーシス腫瘍/素晴らしい医師(二)/親の介護/父の胃ガン/アミロイドーシス腫瘍の経緯/全自動透析装置/立ち向かう/新型コロナウイルス/徳島の主治医死去/アミロイドーシス腫瘍との闘い/未知の領域/在宅介護を始めて五年/肝細胞ガン告知/母の白内障手術/放射線治療後の経過/父の死去/放射線治療から一年

 

第四章 母と歩んだ、透析歴四十七年

母/果てのない旅路

 

エピローグ

 


●著者プロフィール

小林 延也(こばやし・のぶや)

1964 年兵庫県姫路市生まれ。子供の透析治療がまったく未知の領域だった時代に、12 歳で透析治療を開始。母親と二人三脚での壮絶な闘病のなか、県立網干高等学校通信制課程を経て、近畿大学短期大学部通信教育部卒業。透析歴30 年からは長期透析による合併症と大腸ガンに冒され、透析歴40 年からは肝細胞ガンを患いながら両親の介護をする。令和5年で透析歴47 年を迎えた。


『十二歳から四十七年間の人工透析 感謝の心を 生きる力に』は、
金木犀舎の「オーダーメイド出版(自費出版)」で制作された本です。

 

金木犀舎ブックストアおよび、Amazonでご購入いただけます!

予約する

 

金木犀舎ブックストアでご購入いただくと、金木犀舎メモ帳をもれなくプレゼントします!
(1200円以上のご購入で送料無料です)

金木犀舎メモ帳