非行からの「立ち直り」とは何か

非行からの「立ち直り」とは何か
非行からの「立ち直り」とは何か

『非行からの「立ち直り」とは何か -少年院教育と非行経験者の語りから-』

(都島 梨紗著、晃洋書房刊、3,700円+税、 240ぺージ、A5判上製)です。

 

金木犀舎は組版と装丁一式を担当させていただきました。

 

【カバー】

非行からの「立ち直り」とは何か

 

非行からの「立ち直り」とは何か

 

非行からの「立ち直り」とは何か

 

非行からの「立ち直り」とは何か

カバー用紙が想像以上に色が沈んで、思っていたより重厚な仕上がりになりました。
帯はマーメイドのネオ・シトロン。きれいな色です。

カバー画像は、作家の首藤成利さんの作品です。

 

【はなぎれ&しおり】

非行からの「立ち直り」とは何か

 

 

【表紙】

非行からの「立ち直り」とは何か

 

 

【本扉】

非行からの「立ち直り」とは何か

 

【目次】

非行からの「立ち直り」とは何か

非行経験者が、自らの生活スタイルをコントロールし「立ち直る」ためには、
犯罪や非行から遠ざかるだけではなく、これまで重層的に経験してきた「生きづらさ」を解消する必要がある。

17名の少年院経験者の語りを聞き取り、どの時点で「立ち直った」とみなすのか、
どうすれば彼らの人生がよりよくなるのか、考察を深めてゆく。

 

Amazonで見てみる>>>