少年犯罪報道と心理主義化の社会学

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』書影

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』書影

 

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学——子どもの「心」を問題化する社会——』

(赤羽由起夫 著、晃洋書房 刊、6500円+税、 218ぺージ、A5判上製、2022年1月15日発行)

 

なぜ犯罪少年の「心」は語られたのか?

1990年代〜2000年代の戦後「第4の波」の少年犯罪報道を探り、子供の「心」を問題化する現代社会の性質を明らかにする!

(帯文より引用)

 

金木犀舎は組版や装丁など、制作一式を担当させていただきました。

 

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』見本(表紙)

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』見本(裏表紙)

幾何学的な模様で構成した装丁デザインです。

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』見本(背表紙)

背の部分だけ見てもすぐに本書だとわかるように、赤のポイントを入れています。

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』見本(花布)

スピン(しおり)は著者のご希望で赤に。

きりっとした赤を選んでいます。

はなぎれも同じ系統の色にしました。

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』見本(本扉)

スピンに合わせて、見返しもきりっとした赤。

スピンの色は選択肢が少ないのですが、用紙の赤にはいろいろな種類があるので、

近い赤を選ぶために何種類も比較して悩みました。

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』見本(内容1)

本文には図表も多く使われています。

全体的なアミカケのトーンを揃えるのに、微調整を何度もしました。

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』見本(スピン)

横書きです。

最近、横書きの書籍を組むことがずいぶん増えてきました。

時代の流れ? いや、たまたまかもしれません。

『少年犯罪報道と心理主義化の社会学』見本(カバーなし)

表紙デザインが今回のいちばんお気に入りです。

想像どおりに仕上がっていたのでうれしかったです。

 

全国の書店やネット書店で販売中です!

Amazonで見てみる>>>