オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オフセット印刷の特徴

  • 版を作って印刷する
  • 大部数の場合はオンデマンド印刷より1冊あたりの単価が安い
    (書籍では概ね、300部以上ならオフセット印刷の方が安い場合が多い)
  • 印刷品質はオンデマンドより高く、細かな表現も可能

 

オンデマンド印刷の特徴

  • 版を使わずデータから直接印刷する
    (家庭用のコピー機の大型版のイメージ)
  • 少部数の場合はオフセット印刷より1冊あたりの単価が安い
    (書籍では概ね、300部未満ならオンデマンド印刷のほうが安い場合が多い)
  • 印刷品質はオフセットには劣る
    (写真や広い面積のベタ塗り、グラデーションなどは特に注意)

 

オフセット印刷とオンデマンド印刷の特徴を大まかに挙げると、上記のようになります。

 

書籍を作る場合、どちらを選ぶかはまず部数で判断します。
10数部〜150部程度であれば、オンデマンド印刷のほうがよいでしょう。オフセット印刷にするとかなり割高です。
300部以上作る場合は、オフセット印刷になります。印刷が美しいうえに、1冊あたりの単価も安いので、迷うことはありません。

 

判断に迷うのが150部〜300部未満の部数の場合です。本の仕様や選ぶ紙によっても微妙に違ってきますが、どちらの印刷を選んでも割高感があるのです。思い切って300部に増やしてオフセット印刷にすることをお勧めしますが、たくさん在庫を抱えるのは困る・・・とおっしゃる方もいるので、一概には決められません。

 

また、オフセットの場合は部数が多くなればなるほど単価が安くなっていきますので、「500部作るのと1000部作るのと、印刷製本代は数万円しか違わない」ということも多々あります。
せっかく労力をかけて本を執筆され、出版されるのですから、思い切って少し多めに印刷してもよいかもしれません。

 

書店で売られている本はそのほとんどがオフセット印刷。やはり印刷はオフセットのほうが精細かつ、安定感があります。
色調もバリエーションが豊富で、表現できることが格段に増えます。

 

ただし、最近は技術が日進月歩しており、印刷物を普段から見慣れている人間が見ても「どっちかな?」と判断に迷うようなオンデマンド印刷も出てきています。

今後、オンデマンド印刷の品質はもっと上がり、費用もさらに安くなるだろうと言われています。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –   

Contents

金木犀舎の特長
費用について
販売について

Tips

出版社の選び方のコツ
自費出版でどんな本がつくれるの?

本のタイプ別・進め方と費用の目安
  歌集・句集・詩集・画集などの作品集や絵本
  ビジネスツールとして名刺代わりの本や実用書
  自叙伝や小説など文章主体の本
  研究発表、学術的な論文など
  社史や寺史、広報誌、宣伝用小冊子など

紙書籍・電子出版・POD(プリントオンデマンド)の違い
オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い
商業出版、自費出版、リトルプレス、個人出版、共同出版…どう違う?

自費出版について相談する(相談無料)