WEB連載

 

サンパギータ 日本のフィリピン女性たち(奈良雅美)

奈良雅美(Masami Nara)

日本に定住するフィリピン女性はおよそ19万人。これほど多くのフィリピン女性が長年日本で暮らしているというのに、日常の姿はあまり浮かび上がってきていない。日本語中心の社会の中で、自分の考えや思いを発することが難しいのだ。

フィリピン女性たちは日本でどんな経験をし、何を感じ、暮らしているのか。いったいこの国は、彼女たちの目にどう見えているのか? 個々の経験や思いを聞き取り、代弁しようと思う。

そこには、外国人の人権問題、ジェンダー問題など、今後さらなる多文化社会を生きていくことになる日本にとって必要な視点がたくさん詰まっているはずだ。

 

  • サンパギータ 日本のフィリピン女性たち(奈良雅美)
      vol.1 けいちゃん 1.私の日本の家族   ●フィリピンと日本をつないでくれる家族   フィリピンへは年に2回、家族全員で帰省しています。 フィリピンの家族も私た …
  • サンパギータ 日本のフィリピン女性たち(奈良雅美)
      vol.1 けいちゃん 1.私の日本の家族   ●夫と二人の息子   うちは、家族の仲がとてもいいです。二人の息子は、それぞれの道を自分で選び歩んでいます。 あまり私 …
  • サンパギータ 日本のフィリピン女性たち(奈良雅美)
      vol.1 けいちゃん 1.私の日本の家族   ●日本での子育て   もともと子どもがすごく好きなので、自分の子どもができたとき、とても嬉しかったです。 長男の出産時 …
  • サンパギータ 日本のフィリピン女性たち(奈良雅美)
      vol.1 けいちゃん 1.私の日本の家族   ●日本での暮らしが始まる   それから少し経って、私は再び日本に降り立ちました。 入国手続きに時間がかかったため、神戸 …
  • サンパギータ 日本のフィリピン女性たち(奈良雅美)
      vol.1 けいちゃん 「けいちゃん」は日本人の男性と結婚して、日本にやってきたフィリピン女性だ。 本名があまりに長いため、夫の母が名前の中ほどにあった「ケイ」をとって「けいちゃん」と呼 …
  • サンパギータ 日本のフィリピン女性たち(奈良雅美)
      はじめに フィリピンの国の花はジャスミンだ。フィリピンの言葉タガログ語で「サンパギータ」という。 日本人にとっての桜が特別な花であるように、フィリピンの人々はジャスミンを教会に飾ったり、 …


<奈良雅美プロフィール>奈良雅美プロフィール写真
特定非営利活動法人アジア女性自立プロジェクト代表理事。関西学院大学非常勤講師。

小学生のころから「女の子/男の子らしさ」の社会的規範に違和感があり、先生や周りの大人に反発してきた。10代半ばのころ、男女雇用機会均等法が成立するなど、女性の人権問題について社会的に議論されるようになっていたが、自身としてはフェミニズムやジェンダー問題については敢えて顔を背けていた。高校時代に国際協力に関心をもち国際関係論の勉強を始め、神戸大学大学院で、環境、文化、人権の問題に取り組む中で、再びジェンダーについて考えるようになった。
 大学院修了後、2004年より特定非営利活動法人アジア女性自立プロジェクトの活動に参加。途上国の女性の就業支援、日本国内の外国人女性支援などに取り組む中で、日本に住むフィリピン女性たちに出会う。社会一般の彼女たちに対する一様なイメージと違い、日々の生活の中で悩んだり喜んだりと、それぞれ多様な「ライフ」を生きていると感じ、彼女たちの語りを聴き、残したいと思うようになる。移住女性や途上国の女性の人権の問題について、より多くの人に知って欲しいと考え、現在、ジェンダー問題、外国人や女性の人権などをテーマに全国で講演も行っている。